突如kindleにて現れた人気実況者syamu氏の「なりすまし本」、その背景にはAmazonによる審査の杜撰さが

【スポンサードリンク】

Syamu氏の「なりすまし」本が登場したのは今年2月18日のこと。突如Amazonの電子書籍販売プラットフォーム「Kindle」にて、「HIKAKINも認めた「大物Youtuber」Syamu_game×「カルチャーブレーン」田中幸男 特別対談」というタイトルの電子書籍が販売されました。(参考

この本を実際に購入したユーザーにより投稿された動画付きのレビューによれば、どのページも「このコンテンツは利用できません」とだけ表示され、中身がダミーであることがわかります。(参考

他にもタイトルが少し違うだけのほぼ同価格の本が二冊出版されていますが、同じく中身が無いことが指摘されています。

なお購入者はAmazonに返金を申し入れ、翌日返金対応となった模様です。購入者による報告もあってか、現在Amazonでは販売が見合わされています。

匿名掲示板住民によるいたずらか

この本が出版される前後に匿名掲示板「5ちゃんねる」上のカルチャーブレーンのスレに「田中氏の本が販売予定だ」との書き込みが画像と共にされていました。画像は高解像度の表紙、そして複数の「なりすまし本」とともに「出版準備中」と書かれた画面のスクリーンショットで、おそらく出版した本人が投稿したものだと思われます。

Kindleでは「セルフパブリッシング」(KDPダイレクト出版とも)と呼ばれる機能があり、個人でも簡単な手続きで電子書籍を出版することができます。(参考) しかしこのセルフパブリッシングには問題があり、ほぼ無審査で書籍を出版できてしまい、過去にもこれを利用したいたずらが行われていました。

特に有名なのはインターネット上でネタにされ続けている弁護士である唐澤貴洋氏の「なりすまし本」でしょう。(関連記事Amazon側も対策するつもりはないのか、今現在でも数多くのいたずら本が出版され続けています。

【スポンサードリンク】

Similar Posts:

i

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA