「スプラトゥーン」や「ARMS」のようなデザインが目をひくガンホーのSwitch向け新作「Ninjala」の発売が2020年春に延期

【スポンサードリンク】

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはE3 2018にて発表したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」である「Ninjala」の発売を2019年春から2020年春に延期したと発表しました。

ガンホーは延期の理由として「オンラインでの対戦アクションプレイをより快適なものとするため、さらなるブラッシュアップが必要と判断した」と述べており、それと合わせ新たなスクリーンショットも公開しています。

Ninjalaとは

Ninjala(ニンジャラ)とはガンホー・オンライン・エンターテイメントがE3 2018で初公開したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」。最大8人で対戦が可能で、ガムを膨らませて作った棒やハンマーで相手にダメージを与えたり、IPPON!(一本)を取ることで得られるポイントを集め、もっとも特典の高いプレイヤーが勝利というルールとなっています。どことなく「Splatoon」や「ARMS」を意識したようなビジュアルも特徴的です。

【スポンサードリンク】

Similar Posts:

i

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA