2019年5月の国内ゲーム売上ランキングが発表。先月に続き首位に輝いたソフトは「DAYS GONE」、首位のハードはNintendo Switchに

【スポンサードリンク】

本日5月13日、ファミ通による国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データが発表された

1ヶ月分の売上が対象

集計期間は2019年4月29日~2019年5月26日の4週分となっており、ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としていいるとのこと。 2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となっている。

家庭用ゲームソフト売上ランキング

まずは家庭用ゲームから見てみよう。首位は先月に続きオープンワールドサバイバルゲーム「デイズ・ゴーン」が56,689本。次いで2位は任天堂キャラクターを中心とした人気キャラが戦う「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で51,011本と約5000本差、そして人気サンドボックスゲームである「Minecraft」(Switch版)が42,774本。4位は発売から2年経った今もまだまだ売れ続ける「マリオカート8 デラックス」で40,605本、5位は「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」で36,329本だ。

順位タイトル本数メーカーハード
1位Days Gone
(デイズ・ゴーン)
56,689本
SIEPS4
2位大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
51,011本
任天堂Switch
3位Minecraft(Switch)
42,774本
日本マイクロソフト
Switch
4位マリオカート8 デラックス
40,605本
任天堂
Switch
5位New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
36,329本
任天堂
Switch

ハードウェア売上ランキング

ハードウェアについてはまたも先月と同じくSwitchが1位、PS4が2位となっており、それ以外の数字はファミ通が開示していないため不明だ。そして何故かPS4はPS4 Proとの合算となっている。

順位ハードウェア売上
1位Nintendo Switch
141,953台
2位PS449,205台 

メーカー別ソフト売上ランキング

ソフトの売上ランキングは先月と顔ぶれは変わっていないが、売り上げは大きく落ちる形に。ランキングには入っていないが何故か2位にバンダイナムコエンターテイメントが割り込む形になっている。

順位メーカー売上
1位任天堂
32.6万本
2位バンダイナムコエンターテインメント
8.8万本
3位ソニー・インタラクティブエンタテインメント
8.4万本
【スポンサードリンク】

Googleの新たなゲームプラットフォーム「STADIA」に関する情報がE3前の6月7日に公開。価格やローンチ時期などを発表

【スポンサードリンク】

Googleは本日6月4日、自身が展開するクラウドゲームプラットフォーム「STADIA」に関する情報を太平洋時間6月6日午前9時(日本時間6月7日午前2時)に発表すると予告しました。

発表では価格やローンチ時期、ソフトウェアなどに関する情報が開示されるとのことで、E3前に各社へ牽制する狙いがあると思われます。

【スポンサードリンク】

「ドラゴンクエスト ウォーク」の影響で開発元の「コロプラ」の株価が一時ストップ高に

【スポンサードリンク】

本日6月3日に発表されたモバイル向けの新作「ドラゴンクエスト ウォーク」発表の影響で、コロプラの株価がが一時ストップ高(値幅制限の上限)まで上昇し、パブリッシャーであるスクウェア・エニックス・ホールディングスの株価も年初来高値を更新しました。

「ドラゴンクエスト ウォーク」とはドラゴンクエストの世界と化した現実世界を舞台に自らが主人公となって歩き冒険を進める所謂「位置情報ゲーム」、先駆者としては「イングレス」や「ポケモンGO」などがあります。

練馬区の事件の被害者である「44歳の息子」はオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」の有名ユーザーか。生前に本名と「ステラ神」というペンネームを併用し活動

【スポンサードリンク】

今月6月1日、東京都練馬区で44歳の長男である熊澤英一郎氏が農林水産省の元事務次官の76歳の父親である熊澤英昭容疑者に刺され亡くなるという事件があった。NHKの報道によれば父親は犯行に至った理由について「周囲に迷惑をかけてはいけないと思った」と関係者に話しているという。

この英一郎氏なのだが、彼は生前「ステラ神」というハンドルネームでオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」で活動していたその界隈の有名人であり、さらに本名とハンドルネームを併用しTwitterなどでも活動していたことが明らかになった。

しかしネット上に残された記録からも伺えるが、氏は以前よりゲーム内やSNS、そして匿名掲示板上で煽り発言を行なったりトラブルをいくつか起こしており、その際何度か両親に解決してもらった事もあるようだ。さらに氏は両親のクレジットカードを利用し30万円以上の金額を使うなどしており、お世辞にも素業が良いとは言い難く、氏を快く思わない人も少なくなかったという。

なお氏は「ドラゴンクエスト10」をプレイしている途中に父親とトラブルになり亡くなったためログインしたままであり、一部プレイヤー達が氏のキャラクターの周りに集まり追悼する言葉を述べたり、蘇生魔法である「ザオラル」を唱えるという動きが行われているようだ。

彼が迷惑行為をしていたのは否定のしようがないが、氏の発言と今回の事件は分けて考えるべきであり、いかなる理由があれども人の命を奪うことは褒められることではない。

【スポンサードリンク】

キャプテン・ファルコンになりきり毎日昼食の写真を投稿することでおなじみの「ファルコン・ランチ」氏が初めて動画を投稿

【スポンサードリンク】

「F-ZERO」シリーズの主人公である「キャプテン・ファルコン」になりきり、2017年の出現以来ほぼ毎日「ファルコン・ランチ」というテキストと共に昼食の写真をツイートしていることでお馴染みの「キャプテン・ファルコン」氏、そんなファルコン氏が遂に初めて動画をアップロードしたことが一部で話題となっています。

ファルコン氏の投稿した動画

ファルコン氏が投稿した動画には食材を刻む妙なロボットと広東語らしき看板が写り込んでいることが分かります。ファルコン氏は基本的に「ファルコン・ランチ」以外の言葉を発することはないためどのような事情があってこの動画を投稿し、この地を訪れたのかは不明です。

【スポンサードリンク】

ハイクオリティな付録で話題の小学館の雑誌「幼稚園」、7月号の付録は「セブンティーンアイスじはんき」と紙製の実物大アイス

【スポンサードリンク】

毎回ハイクオリティな付録が付いてくることが話題となっている小学館の雑誌「幼稚園」、6月1日に発売予定の7月号の付録はグリコが展開するアイスクリームの自動販売機「セブンティーンアイス」をモチーフにしたものとなっています。

付録は2種類で、組み立て式でボタンを押すとアイスが出てくる「セブンティーンアイスじはんき」と、本物のスティックと紙で1/1スケールのサイズでアイスを再現した「じつぶつだいセブンティーンアイス」が付属します。

ちなみに

雑誌「幼稚園」は冒頭でも述べた通り、ハイクオリティな付録で話題を掻っ攫っている児童向け雑誌。このハイクオリティ付録路線は成功しており、縮小気味と言われる出版業界でヒットを放ち、中には付録目当てで購入するという大人も現れるほど。

【スポンサードリンク】

カートゥーン風アクション「Cuphead」のLINEスタンプが登場

【スポンサードリンク】

本日5月31日、Xbox One/Switch/Steam/Windows 10で好評発売中のカートゥーン風アクション「Cuphead」のLINEスタンプが販売開始されました。価格は120円(または50LINEコイン)

イラストを手がけたのは日本語版ポスターを手がけた実績もある「はやしうき」氏で、全て新規に描きおろされたイラストです。

原作のデザインとはまた違う可愛げのある絵柄の本スタンプ。気に入った方は是非どうぞ。

【スポンサードリンク】

ソニーが「Playstation Plus」を値上げへ。1ヶ月利用券は850円、3ヶ月は2150円へ。ただし12ヶ月利用券の値上げはなし

【スポンサードリンク】

本日5月31日、ソニーは「Playstation Plus」の価格を2019年8月1日より改定すると発表しました。

利用券の種類現行価格2019年8月1日(木)以降新価格
1ヶ月利用権514円(税込)850円(税込)
3ヶ月利用権1,337円(税込)2,150円(税込

価格改定に伴い、1ヶ月利用券および3ヶ月利用券の価格は現在の約1.6倍に上昇しますが12ヶ月利用券の価格は据え置かれます。

「スプラトゥーン」や「ARMS」のようなデザインが目をひくガンホーのSwitch向け新作「Ninjala」の発売が2020年春に延期

【スポンサードリンク】

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはE3 2018にて発表したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」である「Ninjala」の発売を2019年春から2020年春に延期したと発表しました。

ガンホーは延期の理由として「オンラインでの対戦アクションプレイをより快適なものとするため、さらなるブラッシュアップが必要と判断した」と述べており、それと合わせ新たなスクリーンショットも公開しています。

Ninjalaとは

Ninjala(ニンジャラ)とはガンホー・オンライン・エンターテイメントがE3 2018で初公開したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」。最大8人で対戦が可能で、ガムを膨らませて作った棒やハンマーで相手にダメージを与えたり、IPPON!(一本)を取ることで得られるポイントを集め、もっとも特典の高いプレイヤーが勝利というルールとなっています。どことなく「Splatoon」や「ARMS」を意識したようなビジュアルも特徴的です。

【スポンサードリンク】

新生「コール オブ デューティー モダン ・ ウォーフェア」が発表。クロスプレイの対応やキャンペーンの復活も

【スポンサードリンク】

本日5月31日、アクティビジョンは人気FPSシリーズである「コール オブ デューティー」シリーズの最新作である「コール オブ デューティー モダン ・ ウォーフェア」を発表しました。過去に発売された同名のタイトルのリメイクではなく全く異なる新作です。対応ハードウェアはPC/PS4/Xbox Oneとなっており、10月25日に全世界同時発売予定です。

公式トレーラー

公開されたトレーラーではロンドンのピカデリーセンター付近や中東の紛争地域などの場所が描かれています。開発はこれまでモダン・ウォーフェアシリーズを手がけたInfinity Ward(インフィニティ・ウォード)が手がけ、前作にあたる「ブラックオプス4」で廃止されたキャンペーンも収録されるとのこと。

またキャンペーンの他にもマルチプレーヤーとCO-OP(協力プレイ)が用意されるとのことで、他プラットフォームとのクロスプレイにも対応。詳細については来月6月に開催されるE3にて発表される予定です。

追記:2019/5/31 12:38 クロスプレイの仕様について

開発に携わるチャンプ(Champ)氏がクロスプレイの仕様について言及しており、それによれば「フォートナイトと同じく、コンソール(PS4/Xbox One)のプレイヤーは通常はコンソールのプレイヤーとマッチングし、PCプレイヤーと遭遇するのはPCのフレンドとパーティになった場合のみ。だからマウス+キーボードにやられる事はないですよ」と述べています。

【スポンサードリンク】