ハイクオリティな付録で話題の小学館の雑誌「幼稚園」、7月号の付録は「セブンティーンアイスじはんき」と紙製の実物大アイス

【スポンサードリンク】

毎回ハイクオリティな付録が付いてくることが話題となっている小学館の雑誌「幼稚園」、6月1日に発売予定の7月号の付録はグリコが展開するアイスクリームの自動販売機「セブンティーンアイス」をモチーフにしたものとなっています。

付録は2種類で、組み立て式でボタンを押すとアイスが出てくる「セブンティーンアイスじはんき」と、本物のスティックと紙で1/1スケールのサイズでアイスを再現した「じつぶつだいセブンティーンアイス」が付属します。

ちなみに

雑誌「幼稚園」は冒頭でも述べた通り、ハイクオリティな付録で話題を掻っ攫っている児童向け雑誌。このハイクオリティ付録路線は成功しており、縮小気味と言われる出版業界でヒットを放ち、中には付録目当てで購入するという大人も現れるほど。

【スポンサードリンク】

カートゥーン風アクション「Cuphead」のLINEスタンプが登場

【スポンサードリンク】

本日5月31日、Xbox One/Switch/Steam/Windows 10で好評発売中のカートゥーン風アクション「Cuphead」のLINEスタンプが販売開始されました。価格は120円(または50LINEコイン)

イラストを手がけたのは日本語版ポスターを手がけた実績もある「はやしうき」氏で、全て新規に描きおろされたイラストです。

原作のデザインとはまた違う可愛げのある絵柄の本スタンプ。気に入った方は是非どうぞ。

【スポンサードリンク】

「ポケモン」がテーマのTシャツコンペの受賞作および入賞作のひとつに規定違反。受賞が取り消される

【スポンサードリンク】

ユニクロが毎年グローバルに開催するTシャツデザインコンペ「UT GRAND PRIX 2019」。今年のテーマは「ポケモン」で、大賞を受賞した作品は最新作である「ソード/シールド」にも登場することが明らかにされていた。

全世界から1万8000点以上の応募があり、24の受賞作品が実際に販売されることとなっていたのだが、大賞受賞作および入賞作品の各1作品、計2作品に規定違反が見つかり、これにより該当2作品の受賞は取り消し、また作品も販売中止とされ、最優秀賞である「GRAND PRIZE」は「該当者なし」となった。(参考)

違反のあったうちの1作品であるリー・ウェン・ペイ(Li Wen Pei)氏の作品。

ユニクロはこのような事態が再度起こらないよう確認と再発防止の徹底に努めるという。

追記:2019/05/23 17:11

取り消された作品が具体的にどのような理由で違反になったのかは公式には明示されていないが、AUTOMATONの報じた記事によれば「デザインの流用」説が濃厚である。

お詫び

記事タイトルが「受賞作のひとつに」となっていましたが、正しくは「受賞作および入賞作のひとつ」でした。お詫び申し上げます。


【スポンサードリンク】

「人がゴミのようだ!」のセリフでおなじみのムスカ大佐のサングラスが商品化。お値段2万9700円(税込)

【スポンサードリンク】

「天空の城ラピュタ」で全編を通して暗躍した「ムスカ大佐」のサングラスと、主人公の少年「パズー」のゴーグルをモチーフにしたメガネフレームがまさかの商品化決定を果たしました。現在東京戯画のサイトで予約受付中です。

なお価格はムスカのサングラスが2万9700円(税込)、パズーのゴーグルをモチーフにしたアイウェアが3万4560円(税込)となっています。

バルスの光は防げなさそうですが、直射日光は防げそうなムスカ大佐のサングラス。気になる人は是非どうぞ。

【スポンサードリンク】

「ファイアーエムブレム」シリーズのキャラクター達がぬいぐるみに。7月下旬ごろ発売予定

【スポンサードリンク】

任天堂キャラクターのぬいぐるみでお馴染みの三栄貿易が「ファイアーエムブレム」シリーズのキャラクターのぬいぐるみ化を発表しました。

「ファイアーエムブレム」のキャラクターはこれまでフィギュア化やトレーディングカード化などの様々なグッズ展開をしていましたが、ぬいぐるみ化は初の試み。ラインアップは「マルス」、「ロイ」、「アイク」、「ルキナ」、「カムイ」の5種類で、全員「大乱闘スマッシュブラザーズ Special」にファイターとして参戦しています。

7月下旬の発売を予定しており、楽天市場によれば価格は2700円税込となっています。興味のある方は是非。

【スポンサードリンク】