2019年5月の国内ゲーム売上ランキングが発表。先月に続き首位に輝いたソフトは「DAYS GONE」、首位のハードはNintendo Switchに

【スポンサードリンク】

本日5月13日、ファミ通による国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データが発表された

1ヶ月分の売上が対象

集計期間は2019年4月29日~2019年5月26日の4週分となっており、ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としていいるとのこと。 2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となっている。

家庭用ゲームソフト売上ランキング

まずは家庭用ゲームから見てみよう。首位は先月に続きオープンワールドサバイバルゲーム「デイズ・ゴーン」が56,689本。次いで2位は任天堂キャラクターを中心とした人気キャラが戦う「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で51,011本と約5000本差、そして人気サンドボックスゲームである「Minecraft」(Switch版)が42,774本。4位は発売から2年経った今もまだまだ売れ続ける「マリオカート8 デラックス」で40,605本、5位は「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」で36,329本だ。

順位タイトル本数メーカーハード
1位Days Gone
(デイズ・ゴーン)
56,689本
SIEPS4
2位大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
51,011本
任天堂Switch
3位Minecraft(Switch)
42,774本
日本マイクロソフト
Switch
4位マリオカート8 デラックス
40,605本
任天堂
Switch
5位New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
36,329本
任天堂
Switch

ハードウェア売上ランキング

ハードウェアについてはまたも先月と同じくSwitchが1位、PS4が2位となっており、それ以外の数字はファミ通が開示していないため不明だ。そして何故かPS4はPS4 Proとの合算となっている。

順位ハードウェア売上
1位Nintendo Switch
141,953台
2位PS449,205台 

メーカー別ソフト売上ランキング

ソフトの売上ランキングは先月と顔ぶれは変わっていないが、売り上げは大きく落ちる形に。ランキングには入っていないが何故か2位にバンダイナムコエンターテイメントが割り込む形になっている。

順位メーカー売上
1位任天堂
32.6万本
2位バンダイナムコエンターテインメント
8.8万本
3位ソニー・インタラクティブエンタテインメント
8.4万本
【スポンサードリンク】

Googleの新たなゲームプラットフォーム「STADIA」に関する情報がE3前の6月7日に公開。価格やローンチ時期などを発表

【スポンサードリンク】

Googleは本日6月4日、自身が展開するクラウドゲームプラットフォーム「STADIA」に関する情報を太平洋時間6月6日午前9時(日本時間6月7日午前2時)に発表すると予告しました。

発表では価格やローンチ時期、ソフトウェアなどに関する情報が開示されるとのことで、E3前に各社へ牽制する狙いがあると思われます。

【スポンサードリンク】

「ドラゴンクエスト ウォーク」の影響で開発元の「コロプラ」の株価が一時ストップ高に

【スポンサードリンク】

本日6月3日に発表されたモバイル向けの新作「ドラゴンクエスト ウォーク」発表の影響で、コロプラの株価がが一時ストップ高(値幅制限の上限)まで上昇し、パブリッシャーであるスクウェア・エニックス・ホールディングスの株価も年初来高値を更新しました。

「ドラゴンクエスト ウォーク」とはドラゴンクエストの世界と化した現実世界を舞台に自らが主人公となって歩き冒険を進める所謂「位置情報ゲーム」、先駆者としては「イングレス」や「ポケモンGO」などがあります。

ソニーが「Playstation Plus」を値上げへ。1ヶ月利用券は850円、3ヶ月は2150円へ。ただし12ヶ月利用券の値上げはなし

【スポンサードリンク】

本日5月31日、ソニーは「Playstation Plus」の価格を2019年8月1日より改定すると発表しました。

利用券の種類現行価格2019年8月1日(木)以降新価格
1ヶ月利用権514円(税込)850円(税込)
3ヶ月利用権1,337円(税込)2,150円(税込

価格改定に伴い、1ヶ月利用券および3ヶ月利用券の価格は現在の約1.6倍に上昇しますが12ヶ月利用券の価格は据え置かれます。

「スプラトゥーン」や「ARMS」のようなデザインが目をひくガンホーのSwitch向け新作「Ninjala」の発売が2020年春に延期

【スポンサードリンク】

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはE3 2018にて発表したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」である「Ninjala」の発売を2019年春から2020年春に延期したと発表しました。

ガンホーは延期の理由として「オンラインでの対戦アクションプレイをより快適なものとするため、さらなるブラッシュアップが必要と判断した」と述べており、それと合わせ新たなスクリーンショットも公開しています。

Ninjalaとは

Ninjala(ニンジャラ)とはガンホー・オンライン・エンターテイメントがE3 2018で初公開したNintendo Switch用「オンラインPvP忍者ガムアクションゲーム」。最大8人で対戦が可能で、ガムを膨らませて作った棒やハンマーで相手にダメージを与えたり、IPPON!(一本)を取ることで得られるポイントを集め、もっとも特典の高いプレイヤーが勝利というルールとなっています。どことなく「Splatoon」や「ARMS」を意識したようなビジュアルも特徴的です。

【スポンサードリンク】

新生「コール オブ デューティー モダン ・ ウォーフェア」が発表。クロスプレイの対応やキャンペーンの復活も

【スポンサードリンク】

本日5月31日、アクティビジョンは人気FPSシリーズである「コール オブ デューティー」シリーズの最新作である「コール オブ デューティー モダン ・ ウォーフェア」を発表しました。過去に発売された同名のタイトルのリメイクではなく全く異なる新作です。対応ハードウェアはPC/PS4/Xbox Oneとなっており、10月25日に全世界同時発売予定です。

公式トレーラー

公開されたトレーラーではロンドンのピカデリーセンター付近や中東の紛争地域などの場所が描かれています。開発はこれまでモダン・ウォーフェアシリーズを手がけたInfinity Ward(インフィニティ・ウォード)が手がけ、前作にあたる「ブラックオプス4」で廃止されたキャンペーンも収録されるとのこと。

またキャンペーンの他にもマルチプレーヤーとCO-OP(協力プレイ)が用意されるとのことで、他プラットフォームとのクロスプレイにも対応。詳細については来月6月に開催されるE3にて発表される予定です。

追記:2019/5/31 12:38 クロスプレイの仕様について

開発に携わるチャンプ(Champ)氏がクロスプレイの仕様について言及しており、それによれば「フォートナイトと同じく、コンソール(PS4/Xbox One)のプレイヤーは通常はコンソールのプレイヤーとマッチングし、PCプレイヤーと遭遇するのはPCのフレンドとパーティになった場合のみ。だからマウス+キーボードにやられる事はないですよ」と述べています。

【スポンサードリンク】

マイクロソフトのゲームサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」のPC対応が決定。さらにSteamなどに自社タイトルの配信も

【スポンサードリンク】

マイクロソフトは本日5月30日、同社がXbox One向けに展開しているサブスクリプション(月額制)サービス「Xbox Game Pass」のPC対応をアナウンスし、さらにPCゲームへの新たな取り組みとして「Xboxゲームスタジオ」のタイトルをMicrosoft StoreやSteamなどに配信することも明かしました。(公式サイト)

PC向けの「Xbox Game Pass」ではマイクロソフトのタイトルはもちろん、ベセスダやセガ、ディープシルバー(Deep Silver)やデボルバーデジタル(Devolver Digital)などの大手パブリッシャーの「厳選された100以上の高品質なタイトル」が提供され、将来的にリリースされる同社傘下のゲーム企業、Obsidian(オブシディアン)やinXile(インクシル)のタイトルもリリースと同時に追加されるとのこと。

さらにマイクロソフトはPCゲーム向けの取り組みも発表、これから発売される「Gears5」などの同社の新作タイトルや既存のタイトルを順次Steamなどのストアで配信すると述べ、さらに「何百万ものPCゲーマーがPCゲームを買うための場所とSteamを利用しているのは事実であり、PCゲーマーはSteamを利用することを望んでいるというフィードバックもある」と述べています。

またマイクロソフトはPCには他にもストア(Epic Games StoreやOriginなど)があることを認識しており、今後Xbox Game Studiosのタイトルを購入可能なストアを増やすことができるように取り組むとのことです。

Xbox Game Passとは

Xbox Game Pass(エックスボックス ゲームパス)とは、マイクロソフトが展開するゲームのサブスクリプションサービスで、月額料金を支払えばXbox Oneや360の厳選されたタイトルやマイクロソフトのゲームが遊び放題になるという「ゲーム版Netflix」とでも言うべきサービスです。

マイクロソフトのタイトルは新作もリリースと同時に利用可能というのも大きな特徴です。残念ながら現在は北米やヨーロッパの一部地域などでしか展開されておらず、日本ではまだ利用できない模様です。(現在の対応国一覧)

【スポンサードリンク】

任天堂が旧「マリカー」との二審目の訴訟にも勝訴

【スポンサードリンク】

昨年2018年9月、東京都内で公道カートのレンタルサービスを提供していた「MARIモビリティ開発」(以下:MARI社、旧社名:マリカー)に対し、任天堂が著作権侵害および不正競争防止法にあたるとしてMARI社を訴訟した裁判がありました。

東京地裁はMARI社に対し任天堂キャラクターのコスチューム貸与等の不正競争行為の差し止め及び、損害賠償金の1000万円の支払いを命じる判決を下しましたが、これを不服としたMARI社は控訴を行い、本日5月30日に知財高裁にて控訴裁判が行われていました。

MARI社の主張は退けられる

しかしながら知財高裁の森義之裁判長は「MARI社の行為は、任天堂の営業上の利益を侵害する」と判断し、MARI社側の主張を退けました。なおこの日の判決は所謂「中間判決」で損害賠償の金額を決めるため、今後も審議が続けられるとのことです。

これに対しMARI社は公式サイトにて「当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」という声明文を掲載しています。

MARI社とは

冒頭でも述べた通り、「MARIモビリティ開発」(旧社名:マリカー)は東京都内で公道カートやコスチュームのレンタルサービスを提供する企業。任天堂による訴訟前後に社名を変更したり「任天堂とは無関係」と主張し現在も営業を続けています。

任天堂は以前よりMARI社が「マリオカート」シリーズの略称やキャラクターの衣装、写真を宣伝および営業に利用していることは著作権侵害や不正競争行為にあたるとして、差し止めと損害賠償を求める訴訟を起こしていました。

【スポンサードリンク】

「アベンジャーズ」のゲーム化作品がスクウェア・エニックスのE3プレゼンで御披露目

【スポンサードリンク】

本日5月30日、マーベル・スタジオが公式Twitterアカウントにて「アベンジャーズ」のゲーム化作品が日本時間6月11日にスクウェア・エニックスが行うE3プレゼンテーションにてお披露目されることを発表しました。

開発はスクウェア・エニックスの傘下で「トゥームレイダー」シリーズなどの作品で知られる「クリスタル・ダイナミクス」と、同じく傘下の「アイドス」のモントリオールスタジオが手がけています。

【スポンサードリンク】

モバイル向け「ポケモン」新作「ポケモンマスターズ」がポケモン事業戦略発表会にて発表。歴代のトレーナーと力を合わせて戦う

【スポンサードリンク】

本日5月29日、「ポケモン事業戦略発表会」が開催され、モバイル向けの新作「ポケモンマスターズ」が発表会されました。プラットフォームはiOSおよびAndroid向けで年内の配信を予定しています。

映像は28:55ごろから。

歴代のトレーナーおよびそのパートナーポケモンが登場し、現時点の映像ではグリーン、タケシ、カスミ (第1世代)や、シロナ(第四世代) メイ(第五世代)などの主人公やジムリーダーの他に「ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア」のエリートトレーナー等、一般トレーナーの姿も確認されています。またフルボイスではないもののボイスが付いていることも動画からわかります。

本作はポケモンシリーズのデザイナーを長年務めている杉森健氏から「歴代のポケモントレーナーが活躍するゲームはどうか」という提案を受けて制作されたとのことで、DeNAと共同開発されているとのこと。

【スポンサードリンク】