ゴースト VS ゴースト。「ゴーストリコン」最新作「ゴーストリコン ブレイクポイント」が発表。国内外で10月4日発売

【スポンサードリンク】

今月頭に現れたUbisoftの謎のティザーサイト、そのサイトは「スケルテック」というUbisoft作品に登場するテクノロジー企業のサイトで5月10日に何かがあることが明示されていました。

そのティザーサイトで発表されたのが本作「Ghost Recon Breakpoint」(ゴーストリコン ブレイクポイント)というわけです。対応プラットフォームはPS4/Xbox One/PCとなっており、PC版は例によってUbisoft StoreかEpic Games Storeでの配信となります。発売日は10月4日。

本作で戦うことになる相手は、なんと主人公らと同じく「ゴースト」隊の出身者達。彼らを束ねるのは先日の「ワイルドランズ」のアップデートで追加された「オラクル作戦」で共にゴースト隊と戦った「コール・デンホルム・ウォーカー」、つまりこのオラクル作戦は新作への伏線だったということです。

シネマティックトレイラー

吹き替え版

ゲームプレイトレーラー

舞台は太平洋に浮かぶ「アウロア」(Aurora)と呼ばれる島。島の大きさは不明ですが、前作のマップと同じくかなり広大なことがトレイラーからもわかります。

この島はスケルテック社が所有していた島で、同社の施設がいくつも建設されています。さらに環境も多種多様で、熱帯雨林はもちろん凍えるような雪山、砂漠なども存在します。しかしながらウォーカーらが率いる「ザ・ヴルフス」(The Wolves)が島を占拠。そこでゴースト隊が島へと出向くことになります。

ゲームシステムでは泥を塗ってカモフラージュ効果を上げる新しいステルスシステムや、負傷が身体能力などのステータスに影響を与えるとのこと。更にクラス制度が採用され、それぞれ特徴の異なる4つのクラスを選択することが可能となっています。因みに今回、シングルプレイは主人公ノマド一人のみで、AIのチームメイトは登場しないことが明かされています。

その他前作と同じくプレイヤー同士の対戦もあり、4人で協力可能なレイドコンテンツもあり、マルチプレイ要素も充実しています。また予約特典としてβテストへの参加券と、車両や武器などを含む「センチネル・コープ・パック」が付属します。

Similar Posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA